難易度の高い治療

インプラント治療は難易度が高い治療法です

最近では、多くの患者さんに支持されているインプラント治療ですが、どのような治療法かご存知でしょうか。 この治療法は、正しくはデンタルインプラントと言って、喪失した歯の代用となる義歯を取り付けるもので、専用の診断機器や治療器具を必要とする、難易度が高い治療法です。 具体的に言うと、歯槽骨の状態をMRIやCTスキャンで診断し、フィクスチャーを取り付けるに耐えうる骨量があれば、そのままフィクスチャーを埋設していきますが、そうでない場合は、骨移植を行ってからフィクスチャーを埋め込むことになります。 ちなみに、フィクスチャーとは、人工歯根のことでチタンやチタン合金でできています。 そして、フィクスチャーが歯槽骨としっかり結合してから人工歯を取り付けるのです。

健康保険の適用がありません

インプラント治療の気になるお値段とは、どれほどの金額でしょうか。ある調査では、インプラント1本当たりの平均治療費が、30万円を超えているという報告があります。 どうして、それほど高額な治療費がかかるのかというと、次のような理由があります。まず、インプラント治療には健康保険の適用がありません。そして、使用する器具自体のコストがかかるのです。さらには、骨移植等の施術が必要となるケースが多々あり、インプラント治療にかかる費用の平均額を押し上げているのです。 また、インプラント治療の成功率が高いデンタルクリニックほど、技術料が高くなる傾向があるのです。 ですから、治療費の安さに惑わされず、信頼できるデンタルクリニックを選びましょう。